-

最近のスマホのカメラは性能が非常に向上しており、撮った写真を見ると非常にきれいに撮れています。 しかし、よく見ると画像をかなり加工しているなという感じがします。 要するに「わざとらしいほどきれい」な写真なのです。 光が少なかったり、逆光だったりという厳しい局面でもカメラ側でそれに合わせた画像に加工してしまうので、きれいに撮れます。 そのため、旅行の記念写真等であれば問題のない写真が撮れます。 しかし、スマホのカメラではいろいろな調整ができないので全ての写真が「優等生的な写真」になります。 この優等生的な写真がいいか悪いかは別ですが、誰が撮っても同じ写真が撮れてしまうということになります。 これは、従来のカメラが撮る人によってうまく撮れたり、そうでなかったりすることに比べると進化していると言えます。 しかし、その反面どうしても撮れる写真は「つまらない」写真となってしまいます。 旅行先で、きれいな夕日を撮ってみたいとか思ったときは、コンパクトカメラを持参するとスマホのカメラとは、一味違った写真が撮れることが多いです。

Category

リンク