-

通常の初めての方向けのFXのテキストでは「損が生まれた時にはナンピンを入れることによって平均の価格を抑える事ができる」と述べられている事もありますが、実際にはこれはかなりの危険性が待ち受けています。coyori美容液オイル

まず、ナンピン買いのロジックについてとても簡単に記述しておきます。コンシダーマル

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。就実高等学校 制服買取

ドル買いのため、ドル高になるほど儲けが大きくなりますが、反対に95円までドル安方向に触れたとします。http://tenormasahiro.hiyoko.biz/

そのままの場合持ち続けたとしたら、利益がでるためには、5円分円安に向う必要があります。かに本舗 評判

みんな、赤字は早めに無くしたいと思うでしょう。サクラムアルジェ オールインワンジェル50代口コミ

これを解決するためはじめに注文したのと同額分のドルを1ドル=95円で買い増します。UQモバイルキャッシュバック

それで、全体の単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

この結果、半分の幅で円安ドル高が進むとマイナスを失くせます。

こういったことがナンピン買いの手法です。

こういうふうに、ナンピン買いの理論を知ると「その通り」という風に思うが外国為替市場は容易には思うようにはいきません。

だいたい、95円が底値だということなど、誰も想像できません。

もしも、マーケットが相当に強い円高ドル安傾向だとすれば、1ドル=95円では収まらず円高に進む確率はあります。

例として、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたらナンピンをした分についても、差損が生じます。

それでは、最初にエントリーしたドルとトータルで、2倍の為替差損が生まれる事になります。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

であるなら、外国為替市場が自分の台本とは反対にさっさと進んだ場合、いかなるやり方で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。

選ぶべき道は多くはありません。

まずひとつめは覚悟を決めて損切りをする事です。

もうひとりは、所有している買いポジションを小さくする事によって再度為替が戻るのを待つ事です。

ちょっと大人しい手法だとおっしゃる人もいるだろう。

だがしかし、所有している買いポジションに損が生まれた時、有効なやり方はこの他にはありえません。

なるほど、ロジックのうえではナンピン買いをするという対策もありえます。

けれどもナンピン買いは、自身が損をしている場面で、買いポジションを縮小するどころか、それとは逆に買いポジションを積み重ねていく対策です。

それでは、危機を制御することなど到底可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンをしていけば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

だが、そうなる先に資金が無くなってしまいます。

Category

リンク