-

「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアを取引して差益を生み出す商取引です。ぷりぷりプリンセス 体験談

トレードの価格は二十四時間変動しています。エイジングケア化粧品専門店

これが為替相場です。

ラジオを聞いていると、通貨の為替レートのニュースが流れるケースがあります。

例としてあげると、「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表現しています。

つまり、売買には買いと売りの値が存在するのです。

売値のことをBID、買値のことをASKと表現している取引業者も存在しています。

普通は売値が買値よりも低く決められています。

自分が買値は高く、売値は安くなっています。

その差分をスプレッドといい会社の収益の一部になっています。

スプレッドの狭さはFX業者によって違います。

スプレッドの狭さは自分にとって負担になるので狭い取引会社をピックアップするほうが有利です。

ただ、同じFX業者でも場合によってスプレッドの広さは変わります。

もしも通常はドルと円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの差であるとしても為替相場の変動がとても大きい状況では1銭よりも大きくなったりする場面があります。

そのため、スプレッドの広さが狭いのと同じく、変化が少ないのが不可欠です。

固定したスプレッドの狭さを示すFX業者も数多く存在しています。

現実にFX会社の売買画面の上で現実のレートをチェックしなければ評価できないのでわずらわしいですが、とても重要なことです。

重要な財産を使ってトレードをするわけですから現実の取引の前に、魅力的に思えた取引会社の新規取引口座開設を全てしてスプレッドを見ておきましょう。

同じ外貨でもそのタイミングのマーケットの状態によって、スプレッドは変わります。

普通は、インターバンクで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドの幅が小さく、それ以外のペアではスプレッドが大きくなるのが一般的です。

Category

リンク